しわの原因と対策
しわは、見た目の年齢を増加させてしまう深刻な肌の悩みです。しわの原因となるのは主に日光(紫外線)によるダメージや加齢、肌の乾燥による小じわです。このうち若い頃からでも出てしまうのが乾燥じわと呼ばれる目元や口元に表れる小じわです。加齢や肌ダメージによるしわは、最初はちょっとしたひび割れ程度の大きさから始まり、いつの間にか深く刻まれるようになってしまうという特徴があります。 
加齢や肌ダメージによってできるしわは「表情じわ」と呼ばれることもあり、表情を作るために顔の筋肉を動かしていると、そのクセが刻み込まれるようになってしまうことで起こります。そのため、例えば難しい顔をしたり、笑ったりするとしわが出てしまう場合などがあります。一度表情ジワがついてしまうと、無表情のときにもしわのあとが顔に残るようになります。
乾燥じわの場合、肌が乾燥状態になるとしわが目立つようになります。これは、肌が乾燥するために皮膚のキメが荒くなることで起こるので、肌環境が改善されてお肌に水分が戻るとしわも自然に目立たなくなるという特徴があります。
一度深く刻まれてしまったしわを完全にケスのは困難です。しかし、そのあと肌の環境を整えることで薄くしたり、それ以上のしわの進行をおさえることができるようになります。常日頃から肌の弾力を保つことを心がけていれば、しわの出る速度はぐっと遅くなり、見た目も年齢よりも若くみえるようになります。