ニキビと生理の周期
女性の中には、生理の前になると急にニキビが顔に出るようになってしまうという人も多くいると思われます。生理は女性の体内のホルモンバランスを大きく変化させるものなので、どうしても肌に影響がおよぼされてしまうのです。ニキビはアンドロゲンという男性ホルモンと、黄体ホルモンという女性ホルモンの二種類が活発に分泌されることにより起こりやすくなってしまいます。
生理前にニキビができたり増えたりするのは、ホルモンバランスの影響で皮脂の分泌量が劇的に増加するためです。排卵が行われた後には黄体ホルモンが大量に体内に発生するので、それが肌の中でも特に皮脂の量が多い場所でニキビを作り出すのです。生理前はニキビだけでなく、さまざまな体調の変化があるものですが、それらもすべてこの黄体ホルモンが関係しています。
また、最近はストレスを過剰に感じることで増えるニキビもあります。睡眠不足や食生活のバランスが崩れると、体や肌に影響が出てしまうのでこれがニキビをつくりやすい肌にしてしまうのです。思春期に限らず生活習慣のバランスが影響するストレスでは、黄体ホルモンよりもアンドロゲンという男性ホルモンが多く分泌されるようになります。
アンドロゲンは黄体ホルモンと同じく肌で分泌される皮脂量を劇的に増やします。また、できてしまったニキビを触るとそこから肌はストレスを感じ、さらに多くの皮脂を分泌するようにもなります。できたニキビはできるだけ触らずそっとしておきましょう。